マスターズ第2戦 三瀬谷

マスターズの三瀬谷戦は毎年同じような時季の感じの
開催、 でも毎年 表情を変える

今年は濁り そして 魚は色んな状態のバスが混在
本流、クリーク 、クリーク出口 、ハードボトム、 流れ込みでも違うし 柔軟に 考えを変えなければならない。
細かいバスの状態を 釣り分けていく事が
1本に結びつくイメージで みて回った


色んな事を考えながらプラクティスを終えて
本戦 。
あまり語らないが  悔しかった
完全に掛けて 3本バラして 悔しかった
悔しかった。

でも直ぐ後に2300gのバスを獲れたのでホッとしてます

初日は1匹。。。。。

e0133656_20273043.jpg



結局2日目は 突風などのコンディションが悪く
危険な為中止になり
初日の4位まま 終了。

e0133656_20273068.jpg

今回は 自身が開発した ワーム SHU7で 釣ったバスなので満足です 良し良し(笑)

ミスとかしたリグは SHU7のノーシンカーと
リビングストレート ベイトフィネスのネコリグでのカバー打ち。

この厳しい状況でのバイト数は SHU7のワームの力だと思っています☆

次戦こそです。





時間があったら居残り練習したい感じですが
出来る状況じゃないので とっとと石川県へ帰ってきました。

また応援宜しくお願いします☆




[PR]

  by shuhei-41 | 2016-04-17 20:27

<< 調査 マスターズ決勝は 中止 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE